ヨガ

アーユルヴェーダの基礎知識

アーユルヴェーダは、主に、「チャラカ・サマヒタ」において発達した理論を取り入れています。真っ先にあげられるのは、病気そのものだけではなく、その原因をも取り除くという「目的」そのものが取り入れられた点です。アーユルヴェーダは、薬草と、薬草の調合だけをベースとしています。アーユルヴェーダ療法に使用される薬草は、体の代謝と逆に作用することがなく、徐々に効果を発揮するため、副作用が最小限にとどまるという効果もあります。 アーユルヴェーダは、一人の人間は五つの要素で構成されているとみなします。これらの元素とは、エーテル(空)、風、火、水、地です。人間はこれらの五要素の組み合わせであり、特定の要素が組み合わさると様々な身体機能を創設する能力が生じます。

例えば、エーテルと風が組み合わさると、アーユルヴェーダでヴァータ・ドーシャと呼ばれているものを形成します。ヴァータは運動の原則をつかさどるもので、神経インパルス、循環、呼吸、排泄等を指揮する能力であるとみなされます。

アーユルヴェーダの基礎知識

火と水の要素が組み合わさることでピッタ・ドーシャが形成されます。ピッタ・ドーシャとは転換と代謝のプロセスです。私たちの体が消化した食べ物を養分へと転換することはピッタの機能の一例です。

最後に、水と地の要素の組み合わせはカファー・ドーシャを形成します。カファーは成長をつかさどり、各部位の組織を育てていく働きをします。カファー・ドーシャのもう一つの機能は保護の適用です。脳や脊柱を保護する脳髄液は、体内に見られるカファーの一種です。胃の粘膜も、カファー・ドーシャによる粘膜保護を示すもう一つの例です。

アーユルヴェーダのシステム

人間はそれぞれに、ヴァータ、ピッタ、カファーというドーシャの独特な比率で構成されていると説明しています。ドーシャの構成比率は個人によってまちまちなのです。ドーシャ(ヴァータ、ピッタ、又はカファー)のどれかが蓄積すると、アーユルヴェーダは、その人の過剰となったドーシャを減らすために役立つ特定の生活習慣と栄養指導を提案します。

ayrveda_info-03

この治療技術は、古代インドで高く評価されていました。それは、神聖な地位まで引き上げられ、この技術の実践者であったダンヴァンタリは特に医療の神として祀られるようになりました。また、通常の実践者たちすなわちアシュウイニクマルたちも神話や民話の中で特別な地位を与えられました。

アーユルヴェーダ式マッサージ

アーユルヴェーダ式マッサージは、長い木製のテーブルの上で実施されます。シンクロナイズ式マッサージであるアビヤンガは、マッサージ師が体を揉む際に伝統的な薬用オイルを使用します。体から過剰な体液が除かれることからも、その効果は明らかです。ピジチルの若返り治療は、リューマチや関節炎に効果があります。シローダラは、額に薬用オイルを注ぐか又は流すことにより心と体を静め、しかも活性化するともいわれ、大いなる健康感を体験することが出来ます。

お問い合わせフォーム

お問合せ・お申し込み・ご不明な点等ございましたら、お気軽にお問合せ下さい。

関連記事

  1. 安心快適な日本航空でヨガの聖地リシケシへ 観光も楽しみたい方のY…
  2. 山田多佳子も行く・・・スリランカ 第十二弾『わがままヨーガ三昧』…
  3. Yogaな日々 : カリフォニア (シバナンダアショラム・ヨガフ…
  4. 本場インドのヨガフェスに参加!! ヨガの聖地リシケシ インターナ…
  5. Yogaな日々 : クリシュナマチャリア ヨーガマンディラム […
  6. ヨガ聖地リシケシュへ!
  7. Yogaな日々 : シバナンダアシュラム [南インド・ネヤールダ…
  8. 尼僧ヨガインストラクターガッソ有香先生と行く!! お釈迦様とヨガ…

おすすめ記事

バングラデッシュ・ハイライトコース

バングラデシュを身体一杯に!まだまだ知られていない見所一杯のバングラデシュをゆっ…

JALで行くデリー・フリープラン(2017年4月1日~2017月9月30日)

たびパーツ(日本航空往復航空券+デリーのホテル2泊付) 到着時安心の専用車出迎えと到着日から2泊…

カジュラホ ( 2014/11/01 ~ 2015/03/31 )

ヒンドゥー寺院群の街 : カジュラホデリーの南東約350kmに位置する。寺院の彫刻。実際…

おすすめツアー

新着記事

ピックアップ記事

デリー ( 2014/11/01 ~ 2015/03/31 )

インド最大の都市デリーインドの首都デリー。歴史あるオールド・デリーと…

聖地巡礼 : ヒマラヤの南北に座する神々の地へ

神々と触れ合う“巡礼”ヒマラヤシヴァ神とその妃パールヴァティーが鎮座…

スペシャル・エコツアー「マカイバリ茶園訪問」

バイオダイナミック農法kのマカイバリ茶園へ茶園主のS.K.バナジー氏はマハラジャ(藩主)の息子な…

PAGE TOP